イクオス

【若ハゲ朗報】イクオスは10代・20代の男性に効果はあるのか大検討!

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性はとても多いです。

最近では10代や20代など、比較的若い世代で自身の頭髪に悩んでいる男性もいます。

いわゆる「若ハゲ」で悩んでいる10代や20代に、イクオスは効果があるのか成分や体質面から徹底的に検討してみました。

イクオスは若ハゲの治療に期待できるのか?

イクオスは若ハゲで悩んでいる10代や20代の男性にも効果が期待できます。

その理由として、イクオスの成分を見れば、10代や20代の男性にもオススメの育毛剤だと分かります。

イクオスは「抜け毛防止」と「発毛促進」

イクオスには様々な成分が含まれていますが、シンプルに言えば「抜けていく毛を減らす」「頭皮を刺激して毛を生えやすくする」の二つの効果が期待できます。

抜けていく毛を減らすために、脱毛因子のブロック。

さらに、Algas-2やアミノ酸の力によって発毛促進。抜ける毛を減らして生やす毛を増やす。これがイクオスの効果の高さの秘密です。

10代や20代の若ハゲの理由

10代や20代で若ハゲで悩んでいる男性は、抜ける力が強くなっています。30代や40代ともなれば体内の新陳代謝も衰えていきますので、髪の毛の生成される力も衰えていきます。

だからこそ、イクオスのように抜け毛予防と発毛促進の両方の効果が見込める育毛剤が必要です。

一方の10代や20代の男性は、まだまだ新陳代謝も活発です。そのため、生成する力はそこまで衰えていません。

生成する力よりも活発な新陳代謝によって生まれる「抜ける力」の作用が強すぎるので若ハゲに悩んでいるのですが、イクオスには抜け毛予防効果もあります。

抜け毛を予防するだけで効果が見込める10代と20代

生える力よりも抜ける力の方が上回っているので、若ハゲで悩まされている10代や20代の男性はイクオスを使用することによって抜け毛を防止できます。

結果、生える力が邪魔されることなく発揮できるので、若ハゲ防止の効果が見込めます。豊富な発毛促進効果が含まれているイクオスです。

10代や20代の元々活力のある「生える力」との相乗効果で、抜ける力以上の生える力を発揮することで若ハゲ改善が可能になります。

イクオスはAGAではない10代、20代の若ハゲにも期待大

近年は「AGA(男性型脱毛症)」という言葉が定着しているので「ハゲ=AGA」と認識している人も多いのですが、10代や20代はAGAの可能性が低いです。

「AGAはクリニックじゃないと…」と思っている人もいるかもしれませんが、AGAではないからこそ、イクオスだけでも十分な効果を期待できます。

10代や20代がAGAになる可能性は低い

テレビのコマーシャルでも「AGA」と流れる時代です。「ハゲ=AGA」と思う人がいても不思議ではありませんが、ハゲの原因の全てがAGAではありません。

また、AGAは年齢と共に発症する可能性が高くなるもので、10代や20代の男性の抜け毛がAGAとは少々考えにくいです。

20代後半であれば、可能性としては0ではありませんが、10代の場合AGAになる可能性はとても低いです。

つまり、若ハゲに悩んでいる10代や20代の男性は、AGA以外の理由で抜け毛に悩まされているのです。

AGA以外の抜け毛の理由

10代や20代の男性の若ハゲの理由はAGAではなく、睡眠とストレスが大きな影響を与えています。

例えばストレス。「神経性脱毛症」の原因なのではないかと研究が進められていますが、ストレスは体にとって害悪です。

10代や20代の場合、大人であればやり過ごせるようなことも真に受けてストレスになることもあるのではないでしょうか。

睡眠は10代や20代だと、寝不足であっても無理が利くので徹夜で遊ぶこともあるのではないでしょうか。

徹夜でついつい仲間と騒いで寝不足のまま次の日学校に…となれば、体には大きなストレスがかかっていますので抜け毛が増えてもおかしくはありません。

AGAではないからこそイクオスが効果的

10代や20代の若ハゲはAGAの可能性が低いのでイクオスだけでも大きな効果が期待できます。

AGAの場合、確実性を考えたらクリニックに足を運んで薬をもらうべきですが、AGAではない人間が薬を飲んでも効果はありません。

しかし、イクオスは薬ではありません。

育毛剤として、頭皮に浸透させることで発毛促進と抜け毛防止の二つの効果をもたらしてくれます。

若ハゲの場合、生活習慣の改善も大切ですが、頭皮環境はイクオスで十分です。

イクオスサプリのセットで20代の若ハゲを改善しよう

イクオスだけでは不安という10代や20代の若ハゲ男性は、イクオスサプリとの併用がオススメです。

10代の場合、成長期が終わっていれば問題ありません。イクオスサプリは体の中から育毛促進と抜け毛防止にアプローチしてくれます。

食事で摂取できない栄養素が多いイクオスサプリ

イクオスサプリに含まれている成分は、日常生活の食事からは摂取が難しいものや、不足しがちなものがいくつかあります。

例えば亜鉛。亜鉛そのものは多くの食品に含まれているものの、どの食品も含有量が少ないのですが、イクオスサプリには1日の目安である3粒で12mgの亜鉛を摂取できます。

亜鉛といえばカキですが、カキ以外となると100g食べてようやく10mg前後摂取できれば良いものばかり。

亜鉛の摂取量を満たしたら、カロリーオーバーで太ってしまう量ですが、イクオスサプリならその心配もありません。

他にもアミノ酸、aリポ酸など、食事だけの摂取では上手く摂取できない栄養が豊富に含まれています。

1日3粒でOKだからイクオスサプリは摂取しやすい

イクオスサプリは1日3粒、好きな時に摂取すれば良いので気軽です。薬のように飲むタイミングを考える必要はありません。

仕事や学校、友達など忙しい時間を過ごしている10代、20代の男性も多いのではないでしょうか。

イクオスサプリは好きな時に3粒飲むだけなので、ライフスタイルに負担を与えません。

サクセス育毛トニックとどっちが若ハゲに効果的?

ドラッグストアでも気軽に購入できるサクセス育毛トニック。

身近なので、イクオスよりも購入しやすいのは確かですが、両者を比較するとイクオスの質の高さがより鮮明になります。

サクセス育毛トニックの成分をチェック

サクセス育毛トニックにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

サクセス育毛トニックはテレビのコマーシャルでも放送されていますので、10代や20代の男性だけではなく、幅広い層に広く浸透しています。

しかし、どのような成分が含まれているのかまで理解している人は少ないのではないでしょうか。

サクセス育毛トニックには「t-フラバノン」「ニコチン酸アミド」が含まれています。

サクセス育毛トニック配合「t-フラバノン」とは?

「t-フラバノン」はトランス-3,4’-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノンが含まれている成分です。

発売元である花王が2000種類以上に及ぶ天然成分をチェックして生み出したもので、毛母細胞の増殖を促進するとのこと。

実験結果では197名が30週使用して「効果が出た」とあり、8名の6か月間の使用試験に於いて「抜け毛が減少した」と報告があります。
参考元:花王

また、TGF-βを抑える作用もあるので抜け毛防止効果もあります。

ニコチン酸アミドにも血行促進作用があるので、サクセス育毛トニックはイクオス同様、抜け毛防止と発毛促進効果が期待できることになります。

イクオスとサクセス育毛トニックを比較すると…

サクセス育毛トニックの成分は悪いものではありませんが、含まれている有効成分の数を考えると、イクオスが圧倒的です。

イクオスに含まれている有効成分の説明も明確です。

サクセス育毛トニックはTGB-βを抑えるとの説明がありますが、イクオスの公式サイトではTGF-βが脱毛指令となる「FGF-5」を出すことで脱毛が起こると説明。

これらの因子を徹底的に包囲し、TGB-βとFGF-5それぞれを阻害すると説明しています。

いわばイクオスの方が「一歩先」に進んでいることが分かります。

10代、20代の若ハゲにもイクオスはオススメ

10代、20代の若ハゲの特徴、イクオスの成分を考えると大きな効果が期待できることが分かります。

イクオスは有効成分からAGAにも効果が期待できますが、決してAGA専用の育毛剤ではありません。

様々な脱毛の症状にアプローチできる有効成分が含まれていますので、若ハゲで悩んでいる男性にも「朗報」が期待できるオススメの育毛剤です。