イクオス

【M字対決】イクオスとプランテルはどちらがM字に対抗できるか比較!

ハゲと言っても様々ですが、いわゆる「M字ハゲ」に悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。

そこでM字ハゲを意識した育毛剤プランテルと総合的に評価の高いイクオスを徹底的に比較。

どちらがM字に効果があるのか検証してみました。

M字ハゲにはプランテルよりイクオスの理由

プランテルはM字ハゲに効くと大々的にアピールしています。

そのため「M字ハゲにはイクオスよりプランテル」、そんなイメージが強いかと思います。

しかし徹底的に比較するとM字にもイクオスが良いことが分かりました。

M字ハゲの理由とは?

そもそもなぜM字ハゲになるのでしょうか。

理由が分かればアプローチも見えてきますが、M字ハゲも他のハゲ同様、血行不良、ストレス等様々な要因が囁かれています。

しかし、一番可能性が高いのはAGAです。

男性型脱毛症であるAGAにより、M字ハゲとなってしまう可能性がとても高いです。

つまり、イクオスとプランテルのどちらがM字ハゲに良いかは、どれだけAGAに対してアプローチできるかによって決まります。

AGAへの期待度は双方高いがプラスアルアファでイクオス

プランテルもイクオスも配合成分を見ればAGAに期待できることが分かりますが、それぞれ特徴が異なります。

プランテルの場合、テストステロンへのアプローチです。

AGAとはテストステロンと5αリダクターゼが結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変化することでヘサイクルが乱れ、脱毛が増えます。

プランテルはテストステロンを狙い撃ちにする成分を含めることで、ジヒドロテストステロンへの変化を妨害する狙いがあります。

▼プランテルの働き

一方のイクオスは5αリダクターゼをブロックすることでジヒドロテストステロンへの変化を妨害。

他にも脱毛因子をブロックするなど、二重のガードによってAGAから頭髪を守ります。

▼イクオスは徹底的にブロック!
どちらも「ジヒドロテストステロンへの変化を妨害」という点は同じ、どちらをブロックするかが違いになりますが、この点こそ「イクオスの方が良い」とする理由です。

理屈としてはイクオスもプランテルもよく分かりますが、そもそもテストステロンは男性ホルモン、5αリダクターゼは酵素です。

どちらも共に誰もが持っているものですが、テストステロンだけであれば実は害悪ではありません。

むしろテストステロンは骨、筋肉や精子の生成など「男らしさ」を作ります。

精神的な面にも影響を及ぼすなど、男性にとって大切なものなので、テストステロンの抑制はM字ハゲに効果がある一方で少々デメリットがあるのも事実です。

一方の5αリダクターゼは酵素です。遺伝によって量が決まると考えられており、働きとしてはテストステロンを補完するものです。

男としての機能のメインであるテストステロンを抑えるプランテルと、機能を補助する5αリダクターゼを抑えるイクオス。

M字ハゲだけではなく、「男として」考えるとイクオスの方が良いと分かるのではないでしょうか。

AGAへの成分でもイクオス

どちらにアプローチするかを抜きに、単純に「AGAへのアプローチ」として考えてもイクオスです。

  • AGAへの効果が期待できる成分はプランテルは2種類、イクオスは5種類。
  • TGF-β、FGF-5など脱毛因子へのブロックはプランテルは1種類、イクオスは3種類。

この数字を見ても、イクオスの方がAGAに期待できると分かるのではないでしょうか。

AGA以外へのアプローチも考えているイクオス

プランテルはM字へのアプローチを特徴にしている分、M字以外へのアプローチが少々希薄です。

一方のイクオスはAGA以外の薄毛に対してのアプローチも行っています。

合計61種類の有効成分は脱毛抑制から発毛促進、頭皮環境の保全や血行促進など様々な効果が期待できます。

配合されている成分も確認できる部分では10種類のみ。M字の原因はAGAの可能性が高いですが、AGAだけではありません。

もしもAGA以外の原因でM字で悩んでいる場合、プランテルでは効果がそこまで期待できませんが、イクオスであればどのような原因であれ効果が期待できます。

価格面も比較してみました

イクオスとプランテルの価格も比較してみましょう。それぞれ定期コースと単品購入が用意されています。

単品購入
イクオス…8,980円
プランテル…8,200円

定期コース
イクオス…5,980円
イクオス+サプリ…6,980円
プランテル…6,980円(サプリつき)

表にすると・・・

購入方法 イクオス プランテル
単品購入 8,980円 8,200円
定期コース(サプリ付き) 6,980円 6,980円

単品ではプランテルの方が安く、定期コースではサプリつきであれば同じ額です。ただし、この数字の比較では「プランテルの方が安い」と結論付けられます。

イクオスの内容量は120ml、プランテルは150mlとプランテルの方が多いため、単純な値段だけで考えるとプランテルの方が安いことが分かります。

一方サプリとなると少々話が変わります。

プランテルのおまけの「ケラチンサプリ」は非売品です。限定非売品と銘打たれているサプリはプランテルサプリとは別物。

どのような成分が含まれているのか紹介もないだけに、イクオスサプリとの比較が難しいのです。

イクオスとプランテルのサービス面を徹底比較

イクオス、プランテル双方の成分以外のサービスも比較してみました。

ここでも「イクオス優勢」な結果が見えてきました。

全額返金保証の対応

イクオス、プランテル双方に全額返金が用意されています。連絡してから商品を返送する点は同じですが、中身を見ると少々異なります。

全額返金対象の期間

イクオス…商品注文から45日。(但し、在庫不足等イクオス側の問題で発送が遅れた場合は商品発送から45日)

プランテル…商品を受け取ってから30日以内

全額返金保証の対象商品

イクオス…育毛剤及び育毛剤とサプリメントのセット。定期コースだけではなく、単品購入も保証対象。

プランテル…定期コース、3本セットのみ

これらの条件を見ると、イクオスの方が全額返金保証の範囲は広いです。

さらに、プランテルの場合返金保証を行うと、以降、プランテルを購入することはできなくなります。

いつ振り込まれるのかの具体的な期日が明記されていませんし、3本セットの場合、2本目を使用すると返金保証の対象外になります。

しかし、このように公式ホームページにてアナウンスされているものの、3本セットの購入ページが見当たりません。

詳しくは後述しますが、プランテルの販売にやる気がないと感じてもおかしくはありません。

先に単品の価格ではプランテルの方が安いとお話しましたが、イクオスは単品でも返金保証の対象である点や掲載されていない商品を表記している姿勢を考えると、イクオスの方が安心感があります。

サプリメントの比較

イクオスにもプランテルにもサプリが用意されています。

定期コース
イクオスサプリ…4,380円
プランテルサプリ…6,700円

育毛剤とは異なり、どちらも90粒なので条件は同じです。ただし、プランテルに育毛剤とセットの定期コースがありません。

イクオスの場合、育毛剤とこちらのサプリのセットで6,980円の定期コースが用意されていますが、プランテルはサプリの定期コースだけです。

ケラチンサプリはプランテルサプリとは別物なので、双方のセットが欲しい場合、それぞれ別で注文しなければなりません。その場合、6,700円+6,980円の13,680円かかります。

イクオスのおよそ倍の値段はプランテルの方が大容量ではあってもコストパフォーマンスは悪いです。

含まれている成分も亜鉛、ノコギリヤシ、大豆など似ていますが、アプローチが異なります。

  • プランテルサプリ・・・7つの成分を特濃配合
  • イクオスサプリ・・・業界No.1の46種類の栄養素を配合

プランテルはやはり「AGAへのアプローチ」です。AGAへの効果が期待できる成分を高濃度で配合。

一方のイクオスはAGAへの効果だけではなく、活力やアンチエイジング効果も期待できます。

栄養機能食品に認定されていることからも、AGAだけではない効果が期待できることが分かります。

私的にはプランテルよりイクオスで十分!

これまでの徹底的な比較から、M字に悩んでいるとしてもイクオスで十分です。

イクオスは決してM字に対してアピールしていませんが、それでもイクオスで十分な理由を挙げてみるとしましょう。

成分を含めたすべての比較に於いてイクオス

イクオスとプランテルの成分を比較すれば、AGAへのアプローチだけではなく、脱毛全般に関してイクオスの方が高い効果が期待できます。

プランテルはAGAへのアプローチに力を入れているものの、AGA対策でもイクオスの有効成分が多く含まれています。

成分だけではなく、サービスの充実度やサプリまで含めれば、残念ながらイクオスを差し置いてプランテルを選ぶ理由が見当たりません。

プランテルは「過去のもの」になる?

2018年6月、プランテルEXが登場しました。

プランテルの上位版と考えてよい商品の登場により、プランテルはもはや「過去のもの」になりつつあります。

プランテルは2009年に発売されましたが、以降一度もリニューアルされませんでした。

ホームページも他の育毛剤と比べると情報量が少なく、力を入れているとは思えないものです。

プランテルは「株式会社ユーピーエス」が販売していますが、同社はプランテルEXだけではなく、フィンジアもラインナップ。

今後はそちらに力を入れていくことが予想されていますので、同社としてもプランテルよりもプランテルEXやフィンジアに買ってほしいことでしょう。

返金保証の所でも3本セットの場合、2本目を開封すると返金保証の対象外になるものの、3本セットの購入ページが見当たらないと説明した点も含め、プランテルに割くリソースはないのでしょう。

プランテルを買うならプランテルEXやフィンジア

プランテルを購入するのであれば、少々値段は高くなりますが同社のプランテルEXやフィンジアを購入した方が良いです。

プランテルEXにはリデンシル、ペブプロミンαといった有効成分が含まれています。

フィンジアにもキャピキシルが含まれているのでプランテルよりも期待できます。

イクオスとプランテルならイクオスで十分

このような状況を考えると、イクオスで十分です。イクオスはAGAにもアプローチするのでM字にも効果が期待できます。

さらにサプリと併用でも定額コースで月額6,980円とコストパフォーマンスも高いです。

返金制度等も含め、購入者へのアフターサービスもしっかりしているので、「M字」と明記されていないとしても、M字に悩んでいるならイクオスです。